ラーメンと未来

NO IMAGE

みなさんこんにちはBAR748のタツです。
いつもありがとうございます。

私はラーメンが大好きです。

ラーメンには様々な種類があります。
醤油、味噌、塩、とんこつ、醤油とんこつ…

そして様々なジャンルがあります。
家系、二郎、ラーメンショップ…

さらにお店ごとの個性があることにより、とてつもない数の選択肢が生まれます。

もともとラーメンが好きでよく食べていましたが、BARを始めてからは更に食べるようになりました。

7月にお店をオープンしたのですが月に10回以上食べています。
つまり3日に一度はラーメンを食べているのです。

その結果、3ヶ月で体重が10キロ増えてしまいました。

ではなぜそんなにラーメンばかり食べてしまうのでしょうか?

圧倒的な満足

ラーメンはカロリーが高く、一食の満足度が高い食べ物です。
トッピングやサイドメニュー、替え玉などのオプションが豊富でお腹を満たしてくれます。

また、化学調味料によって中毒性のある味付けにしているお店も数多くあります。

そして、1人でも気軽に行け、夜遅くに営業しているお店も他の飲食店に比べ多くあります。

このような特徴が、仕事後の私の心と胃袋を完全に鷲掴みしているのです。

幸せの前借り

まだ若い頃、遊びや買い物の誘惑に負けてしまい給料日までお金がもたないことがありました。

そんな時に何度か給料の前借りをした経験があります。

これは今が楽しければ、今が幸せであれば良いという考えです。

年齢を重ねていき、そういうことはなくなりましたが、目の前にある快楽に弱いのが人間です。

しかし、目の前の快楽を消費した場合、大きな快楽にたどり着くことは中々ありません。

これはラーメンにも当てはまります。

心と胃袋を鷲掴みされることにより小さな快楽を消費し続けているのです。

ラーメンを食べること自体に罪悪感は一切ありませんが、このままこの習慣を続けていっていいのでしょうか?

快楽の先に待っている不健康

ラーメンはカロリーが高いだけではなく、塩分を多く含んでいます。
それは、体重が増えるだけではなく、生活習慣病に繋がります。

私はいつまでも若々しく、元気で健康でいたいと思っています。

ということは、今の生活習慣は私が求めている未来像と相反するものなのです。

このままだと何かしら身体に支障をきたすことになるでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか?

自制心

答えは簡単です。
それは我慢。

将来の自分の健康のために小さな快楽を自制することが必要です。
それを習慣化させることが、今の自分にとってのテーマなのです。

ラーメンを食べると幸せな気持ちになりますが、その回数を減らすことにより未来の健康に投資をするイメージ。

そうすることにより身体は健康になっていくと共に、たまに食べるラーメンの味が更に美味しく感じることになるでしょう。

健康であり続けることは簡単ではありません。
たとえラーメンの回数を減らしたとしても病気になるかもしれません。

ビジネスでもスポーツでもそうですが「勝つことに理由がないことはあるが、負けた時には必ず理由がある」という考え方があります。

大きな目標を達成するために、まずやならければならないことは「やってはいけないことをやらない」

そうすることにより目標達成の可能性が高まるのです。

世の中には誘惑が溢れています。
その誘惑を断ち切ることが第一歩ではないでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。