BARのイスってなんで高いの?

BARにはカウンターテーブルがつきものです。
そしてカウンターテーブルに合わせたイスはだいたい高いですね。

低いイスのほうが居心地が良いのにな。
高いイスだと長時間座っているのはきつい。

といった意見はよく耳にします。

一般的にに低いイスはリラックスできます。
逆にイスが高くなるにつれてリラックスしにくくなります。

また、足のかかとが付くか付かないかによってもリラックスできるかどうかが変わってきます。

ではなぜBARのイスは高いのでしょうか?

回転率を上げる

BARはお酒を提供するお店です。
ここで考えられるのは回転率です。

お客さんは酔いが回ってくると飲むペースが落ちてきます。

繁華街にあるお店だと、酔って飲むペースが落ちたお客さんよりも
まだ元気で飲むペースの早い客さんを重宝します。

ですから高いイスにすることにより座り心地をあえて悪くして、長時間滞在するお客さんを防ぐ。

そしてどんどんお客さんを回転して売上を伸ばしていく、という考えです。

視線を合わせる

イスが低いと視線も低くなります。

カウンターの内側に立っている店員は立っているので、低いイスに座っているお客さんから見ると店員が上から見下ろす形になります。

人によっては上から見下ろされるのを好みません。
ですから、立っている店員とお客さんの視線を合わせるためにイスを高くする、という考えです。

また、カウンターの奥にはお酒が並んでいます。
視線を合わせることにより、そのお酒がよく見えるようにといった考えもあります。

番外編】足が綺麗に見える

足の綺麗な女性がバーカウンターで足を組んで座っているのってとても絵になりますよね。

そういった効果を狙っている場合もあるみたいです。


イスの低い高いによって居心地が変わりますが、その他に背もたれがついているか、クッション性の有無によっても変わってきます。

BARにいった時にカウンターとイスの高さを見てみてください。
それによってお店の考えが見えてくる場合があって面白いですよ。

ちなみに私の店BAR748は高いイスで背もたれ付きを考えています。
そして、高いイスですが、足し付きをよくするために足元にブロックを置く予定です。

視線を合わせつつ、ゆっくりとリラックスしながらお酒と会話を楽しんで頂けるようにと考えています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。